クレバリーホーム庄内店 ムービー紹介

耐震実験ムービー

クレバリーホームは、実物大振動実験において、阪神・淡路大震災の219%の地震波に耐えることを確認しました。

クレバリーホームでは2008年8月20日、21日の2日間にわたり、独立行政法人土木研究所において、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の地震波を基にした実物大振動実験を行いました。

実験は工学院大学建築学科 宮澤健二教授および(財)建材試験センター・構造グループの方々のご協力のもとに実施。可能な限り現実に近づけるため建物内に家具などを配置した状況で、阪神・淡路大震災の100%、150%、200%の地震波を各2回ずつ計6回加え、構造躯体の歪み、外壁、内装などの破損の有無を確認しました。

結果、最大1791ガルという極限的な地震波を受けたあとでも、土台、柱、梁、構造用合板などの主要構造用部材、外壁タイル共に損傷は認められませんでした。

内装の1部に軽微な破損がありましたが、簡易な補修のみで今後も使用できる状態であることが確認され、SPGモノコック構造の高い耐震性が実証されました。


クレバリーホームや新築に関して、お気軽にお問い合わせ下さい!

 クレバリーホームや新築に関するご質問やお問い合わせは、下記よりお気軽にどうぞ!

※しつこい勧誘、DMの郵送、メール配信は一切行いません。
また、送信された内容は、本問い合わせの回答にのみ利用します。