住宅ローンの知識あれこれ その1

2011年10月25日

こんにちは。クレバリーホームの高橋です。

私たち営業マンがお客様と接していてよくあるご相談は、やはり、住宅ローンに関すること。

住宅ローンは、お客様にとって一番の関心事であり、重要な事柄である反面、専門知識がないとなかなか分かりにくいもの。

何回かに分けて連載で、少しづつ住宅ローンについてご説明していきたいと思います。少しでもご参考になれば幸いです。

現在の収入で、うちはいくら借りられるのかしら?

住宅ローンの借入ができる金額は、

年間の所得金額をべース現在返済を行っている金額を考慮して

借入限度額が計算されます。

 

また、各金融機関で融資ができる金額や条件が異なります。

 

ここでは簡単におおよその借入額の計算の仕方を説明いたします。

 

おおよその借入金額を計算してみましょう

おおよそでの借入のできる金額は、年収金額(総所得額)の6倍で計算するとよいでしょう。

内容によっては7倍の融資が可能な事例もありました。

 

例えば、年収金額が350万の方が住宅ローンで借りられる金額は、3,500,000×6 で 21,000,000円になります。

 

住宅金融支援機構の計算方法はこちらをクリック!

年収から借入可能額を計算

借入可能額を試算(年収より算出)


引き続き次回からも、返済年数申し込み年齢、また、税金についてなどをご説明していきたいと思います。お楽しみに!

 

 

コメントを送る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

ブログランキングに参加しています!


クレバリーホームや新築に関して、お気軽にお問い合わせ下さい!

 クレバリーホームや新築に関するご質問やお問い合わせは、下記よりお気軽にどうぞ!

※しつこい勧誘、DMの郵送、メール配信は一切行いません。
また、送信された内容は、本問い合わせの回答にのみ利用します。