鶴岡市にて上棟式を執り行いました。

2013年4月5日

本日、鶴岡市にて上棟式を執り行いました。

天気は快晴!ポカポカ陽気の中、ご近所さんにもお集まりいただいて、賑々しく行われました。

上棟式とは地鎮祭同様に建築の安全を祈願する建築儀式の一つで、

建物の骨組みができ、棟木(むなぎ:屋根の最上部の横木)をあげ、

家屋としての最初の形態を成した時に行われます。

棟上げまで工事が終了したことを感謝し、無事建物が完成すること祈願する儀式です。

まず、屋根の上に吹流しと祭壇を組みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

祭壇にお供え物を並べ準備完了!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんが屋根の上で、祝詞をあげ、米、塩、お神酒を屋根の四隅に巻きます。                (地域により手法は異なります)

お施主さんも屋根の上で大工さん、施工担当者と一緒にご祈祷します。

雨天時には建物の最上階ですることもありますが、

本日快晴につき一同屋根に昇り祈願することが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご祈祷の後は、屋根上からお餅や撒銭、お菓子などを集まって頂いたご近所さんに撒きます。

この撒き物は拾うと縁起がいいとされているそうです。

たくさん撒いたので、近所の子供たちも大喜び!(^^)!

最後にお施主さんと施工店代表者のご挨拶で、つつがなく終了と相成りました。

最近は行わないケースも増えていますが、上棟式は人生の一大イベントである家づくりに華を添えるもの。

工事で何かとご不便をおかけするご近所の方に喜んで頂く意味合いもあるのではないでしょうか。

工事の無事も神様にお祈りしたことですし、

庄内店スタッフ一同、これからも安全第一で施工を進めて行きたいと思います。

 

 

コメントを送る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

ブログランキングに参加しています!


クレバリーホームや新築に関して、お気軽にお問い合わせ下さい!

 クレバリーホームや新築に関するご質問やお問い合わせは、下記よりお気軽にどうぞ!

※しつこい勧誘、DMの郵送、メール配信は一切行いません。
また、送信された内容は、本問い合わせの回答にのみ利用します。